素人と落語と書評

落語や社会、本など、偏見だらけの話をつらつらと

【2017年8月13日 矢来町土曜早朝寄席】桂宮治さん出演

f:id:rakugoafro00:20170815202535j:plain

久しぶりに、神楽坂の早朝寄席桂宮治さんの落語を見てきました。

今、飛ぶ鳥を落とす勢いの宮治さんなので、早めに、と開場(午前9時30分)と同時に入ったのですが。。。。

すでに8割はお客さんがいる。。
皆、きちんと人間生活送れているのだろうか。。。

と勝手に心配になりました(宮治さんの話だと、9時前からお客さんが並んでたそうです。「この高座はそうまでするもんじゃないよ」、と宮治さんが言っていましたが、そのとおりだと思います笑。)
私も同じ穴のムジナですが。

とはいえ、わずか1000円で落語が聞けますからね。
矢来町土曜早朝寄席。あまり人におすすめしたくないけど、おすすめです。

yaraichosochoyose.at.webry.info

 

結局、あまりの客足に、ありったけの椅子を持ち出し、椅子の間隔を詰め、なんとか約80人のキャパを確保。
満員札止めと相成りました。すごいですね。

高座も、相変わらずパワフルな落語で笑わせてもらいました。
演目は、
皿屋敷
「壷算」
「お台場~母さんのお弁当」

最後は新作でしたが、古典のイメージしかなかったので、少々びっくり。
宮治さんは、マクラも噺も面白いので、ぜひこれからも追いかけていきたいですね。


という、何のひねりもない感想文で今日はおしまいです。
(了)

 

【石原都政副知事ノート】過激発言に隠れたもうひとつの石原都政

 

石原都政副知事ノート (平凡社新書)

石原都政副知事ノート (平凡社新書)

 

 ひょんなことから本書を読むことになった。
石原都政時代、私は大学生(しかも山梨に住んでいた)~社会人という過渡期にあった。

都政はおろか、国政にも興味がない、どこにでもいる一般人であったように思う。
従って、石原都政のダイナミズムを感じることなく、せっかくの時代の傑物を見過ごしてしまったことに今や後悔もしている。

石原都知事の印象はやはり、メディアを通じて流されるファシスト的な言動が思い浮かぶ

ところが、本書を読むと、そうしたイメージは必ずしも正しくなく、やはり彼は生粋の政治家であり、東京都というマスの未来をきっちり見据えた人であったことが分かる。

その目線は、皆が想像する以上に、自治の目線であり、自立の目線である。ファシスト的な側面が一人歩きし、彼の本質的な思考がうまく大衆に伝わっていなかったことは、政治の難しさを物語っているように思う。

最後に石原氏を表現するに、著者は以下のウォルター・リップマンの言葉を引用している。

「直接的な政治闘争は本能的な知恵、力、証明不能の信仰を大量に必要とし続けるであろう」

「理性はそうしたものを規定することも統制することもできない」

彼はそれを体言していた、と。
細かい技術を紹介するビジネス本も大事だと思うが、こうした大人物の哲学に触れることも重要だと改めて認識した次第である。

 

本書は、非常に面白い一冊だった。
役人の書く文章はとかく読みづらかったり、詰まらなかったりするのだが、この青山やすし氏の文章は上手い。

話の運びがスムーズで、かつ随所にそのエピソードが読者に想起できるような小道具が丁寧にちりばめてある。
最後に著者の肩書きを見ると、作家としても活動しているとのこと。
納得いたしました。


もうすこし行政組織について書こうと思ったのだけど、文章もブレブレで頭がだめなので、また今度にします。気が向いたらリライトしよう。


夏休みの読書感想文でした。

山梨市長が逮捕された件で、山梨市のHPが魅せる華麗なスルースキル

www.jiji.com

現役の市長が逮捕されるという事件が起きました。
虚偽有印公文書作成・同行使容疑。
職員採用の口利きということです。

こんなこと民間も結構あるであろうし、事象としては驚くに値しません。
大方、地権者だったり、地縁に基づく声かけがあったのではないでしょうか。
いずれにせよ、ご自身の立場を考えられていない以上、お馬鹿だったのか、それか日常的にこういうことをしていて、罪の意識が麻痺していたのでしょう。

……じゃなくて、今回気になっているのは、市としての対応です。

というのも、山梨市のホームページが沈黙しています。逮捕された日(平成29年8月7日午後10時現在)、市長逮捕にまつわる情報は何もなく、薄気味悪いくらい平常運転をしています。鬼スルーです。

税金で食べさせてもらっている首長が、逮捕されたのです。
それに対する説明責任を、市民に対して丁寧に果たすことが、同じく税金で食わせてもらっている組織として取るべき対応なはずです。
まだ現時点では言えないことあるでしょう。だが、少なからず、市長の逮捕については触れねばならぬことだと思います。真実は隠さず、情報開示を適宜、適切に行うべきです。
にも関わらず、何の対応もなされていません。

このことから見て、山梨市には、きちんとした広報戦略や意識がないことがよく分かりました。

私は仕事柄、危機対応を常にウォッチしているので、ちょっとストーカー気質な部分はありますが、それにしてもスルーを決め込む市役所に対して、市民の不満は溜まる一方なのではないでしょうか。

もちろん、今頃、現場ではさまざまな対応に追われていることでしょう。ただし、真に考えるべきは、メインのステークホルダーである市民に対してであって、組織の倫理やマスコミ対応ではありません。

こうしたことの積み重ねが、地方自治と住民の乖離を生むのであろうなぁと考えてしまいます。なんだか悲しくなりました。

 

今も山梨市のホームページには逮捕された市長の言葉がならんでいます。こんな皮肉もありません。

f:id:rakugoafro00:20170807214755p:plain

 

白鵬の取り組みに横綱の資質云々を語る人は、ほとんどバブル世代のアレ。


白鵬の「張り手」に横審委員長が物言い ネット上でも賛否両論 - ライブドアニュース

 

どうも白鵬の取り組みを巡って、「横綱相撲」 と言うものが問われています。

大辞林 第三版の解説
よこづなずもう【横綱相撲】

正面から相手を受け止めて圧倒的な力の差を見せつけて勝つこと。 

ここのところ、白鵬の立ち会いは(張り差しは昔からですが)、カチアゲや、変化などが多くなった印象です。私は2012年頃から相撲をしっかり見始めましたが確かにそんな印象です。

 

これはデーモン閣下が仰ってる通り、加齢への対応だと思います。勝ちにこだわるのであれば、こうした立ち会いも仕方ないような気がします。

 

そして、こうした取り組みを取るたびに「横綱相撲云々」と批判が出てきます。

まぁ批判する気持ちも分かるんですが、だいたいの批判が感情論、印象によるもので、公平性を欠いています。何にも根拠が無いんですもの。

バブル世代以上の「これだから今の若い奴は」批判と同じレベルですよ。(口に出して言ってる人は見たことないですけど)

 

で、ここで疑問が湧くのは、果たして、語義の通りの「横綱相撲」を貫いた横綱がどれだけいるのでしょうか? ということ。

それを示すには、やはり細かな数字が必要になると思います。

「あの横綱の通算の変化の回数は何回で…」「張り差しは…回」

こうしたデータを詳らかにしない限り、白鵬の相撲への批判は感情論を越えません。

 

記憶とは意外と曖昧なもので、それが本当にあったものなのかどうか疑わしい事例など枚挙に暇がありませんね。

最近、日本は確かに暑くなったと思いますが、今30前半である私の子ども時代と比べて、今の夏が凄く暑いかどうかをはっきり述べるには自信がありません。考えると昔から夏は暑かったような気もします。

 

話がそれました。

えーと、つまり、所謂「横綱相撲」って本当にあったんですかね? 実はイメージによるもので、数字を出すと案外白鵬も普通だったりして。 

ここに例の八百長問題なんかが絡んでくると、ほら「横綱相撲」って足元がグラグラしてきませんか? 何を以て「横綱相撲」とするのでしょう?

 

とまぁ性格の悪さが滲み出てきます。

 

冒頭に、白鵬の立ち会いの印象を述べましたが、これもまた私の主観。妄想の域を超えません。

で、ここまでが冗長なフリでして、今回逆説的に言いたいのは、(私は相撲ビギナーなので)本当の「横綱相撲」を論理的に教えてくれる人、批判者が出てきてほしいだけなんです。感情論だけではしっくりこないから。

 

-----------------

今日も偉そうに書きましたがデータはやっぱり知りたいですね。

不破雷蔵さん辺りが頑張ってくれないかなぁと勝手に期待して、ビール飲んで寝ます。

(了)

 

「白鵬、日本国籍取得の意向」を考える


白鵬、日本国籍取得の意向 将来「白鵬親方」誕生へ - 大相撲 : 日刊スポーツ

 

力こそ全ての角界で、長年綱を張ってきた白鵬

異常な強さと、日本人の卑屈さが相まって、冷遇されてきた感がある。他に例を見ない功績に、人は目が慣れすぎてしまったのだろうか。一時期の露骨な日本人関取に対するコールなど、正視に耐えない場面がここ数年は特に多かった。

遊離軟骨による痛みなど、身体の不調は紛れもなくあるが、ここ最近の復調は本当に嬉しくある。

 

そんな白鵬が(真偽はとかく)記事の通り、日本国籍を取得するという。国籍を変えるというのはとても重い決断であったに違いない。

日本は侵略の歴史がないので、国家に対する強い思いはあまりないのかもしれないが、例えばユダヤ人であったり、イスラム圏であったり、国家の動静が常に他者によって脅かされてきた人々にとって、国籍を変えると言うのはとても辛かったと思う。

中国の文化革命のように国家に辟易したのではなく、仕方なく国籍を変えた訳なので、そこはもう少し想いを汲み取って欲しいなぁと考える。

 

確かに、相撲という伝統を守る中で、国籍というのは重要な問題だったのかもしれない。

ただ、国籍とはある意味、人間という枠組みの中の抽象概念であり、妄想(国籍を証明する術は、一般的に書面上の話でしかない)である以上、そこに拘泥することが本当に正しいことなのかは疑問が残るような気がする。

国籍が、相撲の本質を歪めてしまうとは思えないのだ。

そうした意味で、引いた白鵬は土俵外でも素晴らしいと称賛したくなるが、これを当然と思うメンタリティを、日本人や相撲関係者は持ってほしくないと、一外野として強く思う。

 

今日も偉そうにすいません。

「役所の仕事を面白く」が私の全てだった

「あなたの座右の銘は?」と聞かれて即答できる人はどれくらいいるのだろう。
みんな何を支えに日々、仕事をしたり、生きているのだろう。
と、ふと考える機会があった。

私の仕事は役所の広報なので、パブリックリレーションズを担当している。
パブリックリレーションズとは、要は情報を介したコミュニケーションのことだ。

私は住民とは直接話さない。
広報紙だとか、ホームページだとか、媒体のテキストを通じて間接的にコミュニケーションを図る。
コミュニケーションの手法は文字だけじゃない。
写真であったり、動画であったり、企画であったり、伝え方だったり、時宜や環境に応じたベストな選択肢を取る。言い換えれば、常に最大公約数的な情報の出し方を考えている。
この試行錯誤はいつになっても面白くて、わくわくする。

 


で、ふと、冒頭の問いに遭遇したとき、私の頭の中に出てきた言葉は
「役所の仕事を面白く」だった。

そして、その言葉を軸に、広報として過ごした8年を振り返ると、まぁまぁブレずにやってこれたと思える。変なポスター作ったり

f:id:rakugoafro00:20170718215407j:plain
まぁその他もろもろ、割と自由に仕事をさせてもらった。
その辺のスタンスの変わらなさにびっくりして自画自賛している次第である。

でも私は本当は何がしたいのだろうと悩むことが最近多い。
住んでいる人の笑顔も見たいけど、より良いコミュニケーションのお手伝いもしたい。
自画自賛と自問自答の夜である。

バニラエア騒動における白眉

バニラエアが、車椅子の客の搭乗を拒否した件で色々とザワザワしてます。

 

自分が障害のある木島某さんの立場だと想像すると(手法はともあれ)それなりに彼の主張も分かるし、バニラエア側の気持ちも分からなくもない。

ネット上の世論を見てみても、明確な答えが出ず、答えが二分してるように思う。

それからも分かるように、これは二元論で語れる問題ではないので、これを切っ掛けに社会には多様な人がいることを認識し、新しい関係性を構築していければいいんじゃないかなぁと思っている。

 

蒸し返すわけじゃないが、木島某さんはフェイスブックに書いていた。

「腕で登ったことが問題の論点ではなく、障害を理由に搭乗を拒否されたこと」が論点だと。つまり「人権侵害」について彼は訴えたかったわけだ(彼の採った手法や、その後の経緯に関しては私は語る言葉を持ちませんが。。)。

もちろん「事前連絡ガー」とか色々意見もありますが。某さんの話はここまで。

 

で、ここから切り口を変えて、「パブリックリレーションズ的な観点」からバニラエアの対応を見ると、これが良い意味で教科書的な対応で参考になりました。

騒動後のバニラエアの対応は次第点だったと思います。

具体的に何がというと、余計な言い訳をせず、反省と、それに対する改善を具体的に示している。

特に「仮に事前連絡をしていても(今回のケースでは)搭乗を拒否していた」と言い切ったのは良かったと思います(個人的にですよ)。

攻められると、「秘書がやりましたー!」的なお茶を濁す対応をしてしまいがちです。そう考えると、今回、バニラエアは真摯な対応をしたと分析できます。

要は「ほんまかいな?」と聞き手に感じさせる対応をしていないので、その分、問題に対する真剣さが伝わります。

国会なんか見てると私はいつも「ほんまかいな?」と思ってしまいますよ。文書のこととか。

(投資家の視線も踏まえた)真剣さの差でしょう。

 

あと具体的な対応策を打ち出すスピード感(マスコミを木島氏が抱き込んだせいもあるかもしれないが)と、変にスタンスをぶらさず安全を担保した対応策の打ち出し(それしか打ち手が無かったのかもしれませんが)も良かったと思います。

これで圧力に負けて「スタッフが担ぎます!」とか言い出したら、策として下の下でした。

 

ともあれ、事実を全部さらけ出した上で謝罪するってのは本当に難しいもんです。

一応それをやっているので、今回の件はパブリックリレーションズ的に勉強になりました。

 

まぁどの立場に立っても、あまり気持ちの良いものではなかったかもしれませんが。

 

都市のデザインは障害のある人の目線でまだまだ作られてません。少しづつ和合していければと改めて思います。

 

※今回は結構想像で書いてますのでいつも以上に()が多くなっております。