素人と落語と書評

落語や社会、本など、偏見だらけの話をつらつらと

古典落語「元犬」

古典落語に元犬という話があります。
神社に住み着いた白い犬シロが、人間にあこがれて神様にお祈りしたら
本当に人間になってしまう。
シロがご奉公に行く中で繰り広げられるドタバタ。

基本的にナンセンスな話ですが、背景描写もシンプルで、
落語初心者も楽しめる話だと思います。

私は志ん朝のやる元犬が大好きです。
師匠のやる、まさに立て板に水という鮮やかな流れが、
旋風のようになって聞く人をグイグイと話に引き込んでいきます。

浅草橋には、その舞台になった蔵前神社があります。
人の紡いできた物語。
その場でしばし、人の歴史に思いを馳せます。

早く高座にいきたい。
f:id:rakugoafro00:20160930121829j:plain

三遊亭楽生師匠の与太郎

忙しすぎて与太郎、じゃなくて

忙しすぎて高座に行く時間がありません。
最近はスマホで聞くのみ。
そしたら私の大好きなAmazon で落語が聞けるじゃないですか。

続きを読む

志ん朝落語の好きなとこ

まぁこの辺は意見が分かれますし、不毛な議論を避けたいところでありますが、

私の好きな志ん朝のところは、やっぱりサゲの部分。

 

すごくあっさりしているところ。
初見の人は、噺が終わったのか、終わってないのか分からないんじゃないかと思う。

一方で、すごく溜めに溜めて、どーんと最後を語る落語さんもいる。
でも、それって時にあざとく映るし(ほとんどの人はサゲを知っているわけで)、なんとなく興ざめをしてしまうときがある。

落語は話芸の一つであって、そうした感情を抱かせるというのは、やはり芸として未完成なのかなって思うときがある。

そうした意味で、志ん朝の落語は、一種の極致にあるのかなぁと深夜のたわごとでございます。


落語にハマる! feat.週刊ダイヤモンド(嫌な予感がします

f:id:rakugoafro00:20160714121601j:plain ちょっと前ですが、週刊ダイヤモンドの表紙がこんなことに!

私、隠れ金融クラスタなので、ちょっと嫌な予感がしてます。

続きを読む

志の輔師匠のまくら「選挙の開票速報」

選挙が近づいてまいりました。

開票した瞬間に「当確」

とか出るのって意味分かりませんよね。

続きを読む

今週のお題「2016上半期」私的ベスト落語

今週のお題「2016上半期」

 

いやまぁ、2016年というか、2015年あたりから人生が過酷なんですね。
ある引退プロレスラーが、「人生は死闘です」とことあるごとく語るように、私の人生もそれなんですね。

それでも人生にイエスというために、フランクルの本を買い漁ってみたり、なんとかかんとか試みるんですが、なかなかハードなわけです。

だけども、人生にノーとも言えないわけです。そしたら自死しちゃうことになりますからね。

そんな訳で、今年上半期のベスト落語は、古今亭志ん朝の「文七元結」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50両をすられたことで吾妻橋から身投げをしようとする文七。
そこを通りかかった長兵衛は、娘を吉原に預けて作った50両を貸してしまう。
喜んで、というか首の皮のつながった文七は、お店のご主人のところに帰って50両を渡そうとする。ところが、実際には文七の50両はすられてなどいなかった。ただ途中の店においてきてしまっただけなのだ。
お金を返すために方々手を尽くして長兵衛を見つけるが、江戸っ子の気風のよさを字でいくが如し長兵衛はお金を受け取らない。ちゃんちゃんばらばらありまして、最終的にお金を受け取る長兵衛。一方、ご主人は、むかーし吉原でよく遊んでいた関係で、長兵衛が娘を担保に50両を手に入れたことを水面下で調べていた。
そして、今回の縁が元で長兵衛のところに文七を養子に出した。そして、その祝いの席に件の娘、お久を引き戻す粋な計らいをするのだった。
そしてその後、文七とお久は結ばれ、元結の店を開いて幸せに暮らすのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

志ん朝のお得意?の人情話。
つらい時はこれをかけます。

月例「立川談笑一門会」

吉祥寺で毎月行われている立川談笑一門会(20160428)に行ってきましたよ。

東京の西の方に住んでいる私にとっては、とても行きやすい高座の一つで、毎月楽しみにしています。

f:id:rakugoafro00:20160501194326j:plain 

続きを読む