シコウノイッタン

落語や社会、本など、偏見だらけの話をつらつらと

ワタシの思考(日々)

【ドキュメンタリー】『メリエム』〜ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018ノンフィクション部門最優秀賞〜凄いもん見た

original.yahoo.co.jp ▼あらすじ ▼凄いもん見た ▼ハエを振り払うことで私達と戦場がつながる ▼あらすじ 自由のため、イスラム過激派と戦う女性たちシリア北部で勃発したコバニ包囲戦。イスラム過激派組織との戦いの中心に女性たちがいた。強靭な精神力をもと…

【映画】『ハクソー・リッジ』の感想〜実話じゃなければ帰ってた〜

【映画】『ハクソー・リッジ』の感想〜実話じゃなければ帰ってた〜これは戦争を描写する映画というよりも、イデオロギーの映画

【映画】『わたしは、ダニエル・ブレイク』~国家にとって「私」とは。「制度」を巡って~

わたしは、ダニエル・ブレイクの簡単なあらすじと、そこに描かれている社会保障と制度のもつ危険性について書きました。

【雑記】「多様性=豊かさ」の構図がなんとなく理解できるかもしれない例え話

社会の多様性を高めると、さまざまなイノベーティブな動きにつながる……かもしれない、という例え話をライターを使って説明します。

【雑記】『2001年宇宙の旅』を見て父になることを考える(若干のネタバレあり)

▼めっちゃ深い『2001年宇宙の旅』(若干のネタバレあり) ▼『2001年宇宙の旅』てきとうなあらすじ(ネタバレあり) ▼人間は誰しもがスターチャイルド ▼人間は現状維持できない生き物 ▼めっちゃ深い『2001年宇宙の旅』(若干のネタバレあり) 4K/BD【予告編】…

【雑記】Unihertz Atomを手放した~さよなら世界最小の4G防水スマホ~

さよならUnihertz Atom… 【目次】 ▼Unihertz Atomを手放す ▼正直使いにくい ▼Unihertz Atomの良かった点・悪かった点 ▼Atomの良かった点 ▼ Atomの悪かった点 ▼どんなスマホにも良し悪しはあるものの… ▼Unihertz Atomを手放す 10月に届いたUnihertz Atomです…

【雑記】google Pixel3のカメラがなかなか、すごいらしい。

写真って何? シンギュラリティは近い google Pixel3のカメラがなかなか、すごいらしいです。特に夜景がきれいに撮れるとか。 詳しいことはこちらを見ていただくほうが早いと思います。 Pixel 3の夜景モード(Night Sight)が実装されたので試したら本当に…

男性育休日誌2〜育休に入る前のアレコレ〜

育休取得のアレコレ 育休意向は2か月前くらいに伝えて、あとは調整、調整 正直、キャリアのことは考えた お金がない(休業補償金の振り込みタイミングには注意)! (繰り返し)お金を取るか、満足度を取るか 育休取得のアレコレ というわけで、私は8月~11…

男性育休日誌〜男もすなる育児といふものを〜

▼3ヶ月の育児休暇 ▼私(男性)の育児休暇中の家事ルーティン ▼育児+家事のダブルパンチはまじきつい ▼赤ん坊の成長を見れることは心を豊かにしてくれる ▼3ヶ月の育児休暇 8月中旬から3ヶ月間の育休に入りました。理解ある職場のお陰で比較的長い期間の…

【雑記】『夜と霧』読書会@ダーウィンルーム DARWIN ROOM(下北沢)

行ってきました。下北沢ダーウィンルーム DARWIN ROOM。 DARWIN ROOM落語会などは何回か足を運んでいるのですが、読書会は初めてです。多少臆するところはあったのですが、何度も読んでいる『夜と霧』なので、他の方がどういう読み方をしているのか気になり…

【備忘録】土器×VR動画を作ったときのはなし~かわいいは正義~

youtu.be 作りました。個人的な備忘録として。郷土資料室からは、毎度毎度、企画展示の度に、「プロモーションムービーを作ってくれ」と言われます。今回もまぁその流れで作ったのですが、直前に、3ヶ月間、精魂を傾けて、シベリア抑留体験者の証言記録映像…

【雑記】あまり気づかれないけど、ショッピングセンターが作り出す快適な買い物環境

昔の話ですが、ルミネに入っているある店舗で働いていたことがありました。それまでは、某アウトレットの店舗で働いていまして、異動を機にルミネ店で勤務しました。ルミネというのは、若者向けの館(アパレルの人は建物をそう呼ぶ)の割に、働く側に非常に…

【備忘録】「シベリア抑留を経験したおじいちゃんの記録映像を作った」ときの話

『行き先も、分からずに~20歳の初年兵、シベリア抑留の記憶~』〈福生市制作:記憶のアーカイブプロジェクト〉 youtu.be ただの備忘録で文章の形を成さないと思いますが、表題の通り、映像を作りました。その際に、とてもたくさんのことを感じ、考えました…

「楽しむための万人性のパラドクス」

headlines.yahoo.co.jp 「楽しむための万人性のパラドクス」と私が勝手に名づけている事象があります。「楽しむ」、という領域のプロダクトにおいて、「万人」のために何かを作ることは、かえって「万人のためにならない」という事象です。公園を例に挙げま…

【落語の話】落語を鑑賞するときに気をつけたいマナー

http://temita.jp/twitter/56412寄席にはたくさんの人がいるので、鑑賞のマナーについてイライラしてしまうこともあるのですが、概ね上記リンクの通りだと思います。老人会だろうか。 集団で座っている高齢の方などは特に私語がうるさいことが多い気がします…

【雑記】「肌色」を「うすだいだい色」と呼ぶ時代

肌色はどこへ行った? 聞いた話なのですが、今、教育の現場では、「肌色」の色鉛筆がないそうです。では「肌色」はどこに行ったのか?というと、「うすだいだい色」という名に姿を変えたとか。もちろん、これはご明察のとおり、人種配慮の観点からの変更です…

【本の自炊は自炊という「行為」にこそ価値がある】自炊代行業者を使ったり、自分で自炊をしてみた話

突然ですが、家が狭いもんで、書籍の自炊に取り組むことにしました。ふっと決めたんです。①自炊代行業者でとりあえず漫画を自炊まずは、漫画100冊を、自炊代行業者でPDF化しました。「漫画スキャン王」という業者です。 mangascanoh.com 結論からいうと、何…

感謝と感謝の連鎖の話【任天堂】

「全盲の長男が任天堂に送った手紙。まさかの“神対応”に賞賛の声」 という記事があった。 要は、全盲の少年が唯一遊べたテレビゲームが任天堂の「リズム天国」で、それについて感謝の手紙を送ったら、すぐに丁寧な返事と、感謝の言葉が返ってきた。 という内…