読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人と落語と書評

落語や社会のはなしなど、つらつらと

月例「立川談笑一門会」

吉祥寺で毎月行われている立川談笑一門会(20160428)に行ってきましたよ。

東京の西の方に住んでいる私にとっては、とても行きやすい高座の一つで、毎月楽しみにしています。

f:id:rakugoafro00:20160501194326j:plain 

 写真の通り、前座の笑坊さんは、「金明竹」。

笑坊さんは前座なのですが、笑二さん曰く、「普通に面白い人」。

私もそう思います。普通に面白い前座さんです。

笑二さんは「五貫裁き」。

相変わらずフラがある噺家さんです。

吉笑さんは、「桜の木の男の子」という新作。

吉笑ワールド炸裂といった噺。いうなれば落語版「インセプション」という内容で、サゲまで予測不能でした。

談笑師匠は、「黄金餅」。いつもいつもですが、表現力が凄い。

かなりグロテスクな黄金餅となっていました(笑)

ちょうど、先日、志ん朝師匠の「黄金餅」を聞いたところだったので、その方向性の違いがとても面白い。

どちらかといえば、志ん朝師は淡々とやっているのに対し、談笑師匠はディティールが凄い。

 

実はこの会、半年振りに行ったのですが、談笑師匠は一席だけになったんですね。

できたら二席みたいなぁと勝手に思っとります。

一月に一度、週末の楽しみ、立川談笑一門会でした。