読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人と落語

落語や社会のはなしなど、つらつらと

今週のお題「2016上半期」私的ベスト落語

落語 寄席

今週のお題「2016上半期」

 

いやまぁ、2016年というか、2015年あたりから人生が過酷なんですね。
ある引退プロレスラーが、「人生は死闘です」とことあるごとく語るように、私の人生もそれなんですね。

それでも人生にイエスというために、フランクルの本を買い漁ってみたり、なんとかかんとか試みるんですが、なかなかハードなわけです。

だけども、人生にノーとも言えないわけです。そしたら自死しちゃうことになりますからね。

そんな訳で、今年上半期のベスト落語は、古今亭志ん朝の「文七元結」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

50両をすられたことで吾妻橋から身投げをしようとする文七。
そこを通りかかった長兵衛は、娘を吉原に預けて作った50両を貸してしまう。
喜んで、というか首の皮のつながった文七は、お店のご主人のところに帰って50両を渡そうとする。ところが、実際には文七の50両はすられてなどいなかった。ただ途中の店においてきてしまっただけなのだ。
お金を返すために方々手を尽くして長兵衛を見つけるが、江戸っ子の気風のよさを字でいくが如し長兵衛はお金を受け取らない。ちゃんちゃんばらばらありまして、最終的にお金を受け取る長兵衛。一方、ご主人は、むかーし吉原でよく遊んでいた関係で、長兵衛が娘を担保に50両を手に入れたことを水面下で調べていた。
そして、今回の縁が元で長兵衛のところに文七を養子に出した。そして、その祝いの席に件の娘、お久を引き戻す粋な計らいをするのだった。
そしてその後、文七とお久は結ばれ、元結の店を開いて幸せに暮らすのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

志ん朝のお得意?の人情話。
つらい時はこれをかけます。