読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人と落語と書評

落語や社会のはなしなど、つらつらと

渥美清

志ん朝の本で「もう一席うかがいます」という本を読んでいる。

山田洋次監督との対談の中で、渥美清について語る部分がある。
寅さんは、アラサーにはなかなか遠いものがある。国民的俳優と呼ばれながら、なかなかに世代を超えられていないのは気のせいじゃないだろう。

特に今の若い子なんか、スマホでいろんなものが完結してしまうので、芸事も含め、人間の機微まで考察を掘り下げるのが難しそうな気がする。

話を戻すと、フーテンの寅さんは、まさに役者だったらしい。生き方が役者。

噺家と一緒のように感じる。

相変わらずオチがありません。