読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人と落語と書評

落語や社会のはなしなど、つらつらと

3月29日、立川談笑一門会


f:id:rakugoafro00:20170331185711j:image

半年ぶりくらいに、立川談笑一門会に行ってきました(久々に落語の話ですね)。

初めて生の落語を聴いたのもこの会だったので、思い入れがあります。

 

この頃仕事やなんや忙しく、気持ちも荒んでいたのですが、たくさん笑って、出ました。

オキシトシン(快楽ホルモン)。

 

立川談笑さんの「シャブ浜」が聴けて良かった。私は落語の素人ですが、談笑さんの人物描写は本当に息を飲むものがあると思う。

 

お弟子さんの吉笑さんが、言っていたように、噺家が「そこにある」と口に出したものは、話し手と聞き手で紛れもなく、イメージとして共有される。

その共有感を呼び起こす力が凄まじいのが談笑さんの落語(と、私は勝手に思ってる)。

 

これからも大事にしたい落語会。

プレミアムフライデーなんて有り得ない期末の金曜日。