素人と落語と書評

落語や社会、本など、偏見だらけの話をつらつらと

新宿末広亭6月中席のはなし

先日、仕事を午前中でふけて言って参りました。

ちょうど代演の桂文治師の時でしたか。相変わらず力強い落語でゲラゲラ笑う。

中席は空いてましたね。夜は2,3割の客の入りというところでしょうか。

チケットの取れない噺家さんと、そうでない噺家さんとの差というのは、失礼かも知れませんが歴然に出ますね。

柳亭市馬師がこちらのインタビューでも語っておりますが、たくさんの真打ちがいるこの時代です。

「真打ちという称号」が「落語」を語るのではなく、「落語」が「真打ちという称号」を語ってくれるのかもしれません。ヨカタが何を偉そうにと言われるかもしれませんが。

http://www.sankei.com/smp/life/news/170615/lif1706150033-s1.html

 

芸の希求には終わりがないのだと思います。そのある種苦闘にも似た姿を、一観客としてこれからも見続けて行きたいですね。

 

週明けは末広亭6月下席に行きます。喬太郎師、小三治師を含め、凄まじいオールスターキャストなので朝からかなり並んでいるようです。

頑張って並びたいと思います。