素人と落語と書評

落語や社会、本など、偏見だらけの話をつらつらと

公務員に大事な忖度

忖度という言葉が、国の偉い人から出て、流行語ともなりそうな勢いだ。

確かに、一地方自治体職員として感じるのは、行政の仕事は忖度が大事であるということ。

 

忖度に忖度を重ねて発言する、文書を作る、政策を作る。これがきちんとできる公務員は有能だとされる。

 

ただし、有能な公務員が、正しい公務員であるとは限らない。

忖度が上手い公務員は、また忖度によって行動を縛られる。

仕事を上手く運ぶための手段の一つであった忖度が、目的とは言わないまでも、絶対の手段となり、本質的な問題解決から遠のく。

忖度は効率的な行政「運営」のための一つの事象、事実であるが、理想の行政の形でも、目的でもない。

 

 

何が言いたいかと言うと、忖度に疲れました。